大ぶりで立派な鉄製の蟷螂が手に入りました。珍しく羽が上に開くタイプです。
カマを振り上げたポーズも決まりやすい、優秀な自在置物です。
11cm-5.5cm-5.5cm(h) 昭和初期

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
信じられない作品です。一木から彫り進められており、継ぎ目などは全くありません。
羽は京都の竹を使い、薄くそしてねじりを加えて三次元的に彫られています。
半年間、脇目もふらずにこの一作に大竹さんの全てのエネルギーをつぎ込んで制作して頂きました。
未だ27歳の鬼才・大竹亮峯はこの先も、まだ誰も見たことのない作品を我々に見せてくれるでしょう。
当店もその制作を出来るだけ応援したいと思います。
27cm-14cm-31cm(h)
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
明治42年に第1回東京美術及工芸展に出品され、東宮職お買い上げとなった作品と思われます。福岡市美術館にこの作品の石膏原形「拾得子」(13.5×11.0×37.0㎝)が所蔵されております。
size13.5×13.0×38.0㎝ 古森秀雲識箱
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
始めて本郷さんの作品を拝見した時、その仕事量と圧倒的な存在感にただただ驚きました。
それと共に少し混乱したのを覚えております。
今まで私は鉄工芸では幕末・明治期の技術的なクオリティを現代では到底超えることが出来ないと考えておりました。しかし彼の作品はその私の中に作られた壁を軽く飛び超えて行ってくれました。
しかし、この様な仕事量の大作を何作も作り続けれる訳がない。。何か鉄に対しての技術的進歩があったのだろうかと考えました。その疑心は制作現場を拝見し、すぐに終わりを迎えました。実際の製作は飛び越えると言った簡単なものではありませんでした。現代ではバーナーという技術の進歩はあるものの、制作としては明治期と全く同じく、熱したり、叩いたり、冷ましたりの繰り返しで、一日にほんの少しづつしか進みません。毎日の一歩一歩の積み重ねでこの様な大作が作られているのです。

粉塵の舞う灼熱の中、毎日体力の限界まで制作しておられます。天才と一言では片づけたくない存在です。本郷さんなら、明治期を超える鉄工芸の新しい歴史を見せて頂けると思います。微力ながら、当店もそのお手伝いをさせて頂こうと思っております。
size 1m3cm-60cm-72cm(h)
Sold

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
蛇の自在の中では、彫りの深いとってもハンサムな顔をしております。
また面白い事に、この作品は全体が赤い漆で覆われていたようです。最初は錆ていると思ったのですが、やはり漆でした。恐らく赤蝮として制作されたのではないでしょうか。
作者は富木一派の宗義です。蛇が得意で、多くの作品がありますが、この様な珍しい作品も作っていたようです。
size 95cm 昭和初期
Sold
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
刀跡が非常に美しい惚れ惚れする根付です。髪の毛や草鞋の裏は驚くべき細さで、紐通しの辺りはざっくりとした勢いのある太い美しい彫刻が施されています。
全体のバランスや菊童子の表情も良く、品位の高い作品に仕上がっております。
size 3.7cm-3.5cm-3.5cm(h)

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
高蒔絵、平蒔絵、研ぎ出し蒔絵を上手に使い、秋の山の奥行きを上手く表現している秀作です。
手前の竹や木々はくっきりとキレのある高蒔絵で、奥にあるカエデや山は研ぎ出し蒔絵でぼかした表現にするなど、蒔絵だからこそ出来る遠近法です。見入ってしまう作品です。
size 12.5cm-26.5cm-4.5cm(h)

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
今井応心は主に煎茶道具を中心に鹿角や自然木の味わいを上手く生かした作品を残しております。明治期から昭和の始めまでの日本の煎茶文化最盛期の頃には、彼の作品を煎茶趣味のコレクターたちが取り合い、非常に高値で取引されておりました。
また晩年は北九州に移り、主に慈善活動として作品を制作されておりました。
この作品も鹿角の自然の風合いを持ちながら、品のある凛とした綺麗な作品です。
size 16cm-10cm-3cm(h)

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
高瀬好山公房の田中唯吉(宗義)による作品です。
宗義は鉄製の自在置物を得意とし、同じ工房の宗好と比べ豪快な作風で大きな蛇自在置物などの作品を残しております。
本作は大変重量がありますが、鍛造で作りあげられており、とても腕っぷしが必要な作品です。比較的若い時にしか作れない作品だと思います。
自在で有名な宗義ですが、これも車輪で動かせる造りになっておりますので、一つの自在置物とも言えるのではいでしょうか。
size 30cm-18cm-19cm(h)
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg
一枚目の写真、本物の鉄瓶と漆塗りの作品を並べたものです。どちらが本物なのか、その重みを手で感じるまで全く分かりません。驚くべき変わり塗りの技術です。鉄の地肌、銅の蓋、口の錆び具合、その全てを本物そっくりに緻密に漆で描いております。蓋を開けると、内部は螺鈿や艶やかな黒塗りで外部とは全く違う表情を見せてくれます。
このプロジェクトを彦十蒔絵の若宮氏と進めるにあたって、木地を制作するのに一年、それから塗りに一年かかりました。
試行錯誤を重ね、理想を求めて途方もない作業と幾十もやり直しをして頂いた彦十蒔絵の若宮氏に心から感謝しております。
実はこの作品には当初から第二弾、第三弾と続きのストーリーがございます。
第二弾はこの鉄瓶の100年後、第三弾はその更に100年後という風に漆で時代の流れや朽ちていく美を表現していくつもりでございます。(第二弾は2017年夏頃完成予定)
size 16.5cm-14cm-21.5cm(h) 共箱
Sold
台湾50美術館所蔵
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg