2013年9月アーカイブ

作者は間鱗とされておりますが、詳細は判りません。しかし紅葉や菊の描き方から土佐派と思われます。時代銀が良い味わいになり、全体に素晴らしい雰囲気が出ております。作者も分かりませんがそれ以上に謎なのはあちこちに押された「酒林文庫」という判です。過去の持ち主が押したのか、それとも子供の遊びか。。興味深い謎です。

size 178-174(h)cm

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

真ん中の線を境に上部に牡丹、下部に獅子を配置させた何とも不思議で面白い七宝です。

獅子たちがかわいく、サイズも大ぶりで魅力的な品です。

size 24-24-32cm(h)

sold

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg