2016年10月アーカイブ

高瀬好山公房の田中唯吉(宗義)による作品です。
宗義は鉄製の自在置物を得意とし、同じ工房の宗好と比べ豪快な作風で大きな蛇自在置物などの作品を残しております。
本作は大変重量がありますが、鍛造で作りあげられており、とても腕っぷしが必要な作品です。比較的若い時にしか作れない作品だと思います。
自在で有名な宗義ですが、これも車輪で動かせる造りになっておりますので、一つの自在置物とも言えるのではいでしょうか。
size 30cm-18cm-19cm(h)
main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg