鉄打出茶托 藤島三郎

絵替わりのデザインが面白く、魅力的な茶托です。裏面をみると、作者の打ち出しの技術を指で感じることが出来ます。特に虎の背中は繊細に表現されており、丁寧な仕事ぶりが見てとれます。

藤島三郎は昭和34年(1959年)に文化財の金工修理にて紫綬褒章を受章しております。
昭和16年 冬日制作 共箱 
11.5cm-11.5cm-2cm(h) each
SOLD


main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg