七宝の最近のブログ記事

この作品は陶磁胎七宝ではなく、あくまで金属とガラス様の釉薬で仕上げております。手に取ってじっくり見てみないと七宝であるということが分かりません。七宝でありながら、七宝に見えない、面白い作品です。

size 11-11-12(h)cm

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

吸い込まれそうな綺麗な緑に魅了されます。白鷺に草花図と私の大好きな昔からあるデザインなのですが、この作品はよりモダンに仕上げております。谷五郎の作品らしい、モダンでかわいらしいデザインが施された秀作です。

size 16-16-12(h)cm

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

とっても大きくて迫力のある七宝です。

size 30-30-40(h)cm 共箱

SOLD

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

真ん中の線を境に上部に牡丹、下部に獅子を配置させた何とも不思議で面白い七宝です。

獅子たちがかわいく、サイズも大ぶりで魅力的な品です。

size 24-24-32cm(h)

sold

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

驚くほど細かい仕事が施された七宝です。

この途方もない作業には驚きます。

銘はありませんがその分、値打ちの逸品です。

size 26cm(h)

SOLD

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg

粂野締太郎という作家のことは未だ詳しいことは判っておりません。

分かっていることといえば、おそらく日本一緻密な作品をつくる作家だということです。

あまり市場でみることもなく、謎めいた面白い作家です。

本作品も締太郎特有の質感や雰囲気を持っているものです。

14-14-15(h)cm

SOLD

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg

大変品のある金工作品です。紫檀台付き、一青 銘あり。

サイズ20cm(h) 台含む

SOLD

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg

サイズ 23×23×36(h)cm

SOLD

main.jpg
sub1.jpg