2011年7月アーカイブ

西欧的な造形と日本の伝統的な技術がよく融合している作品です。

色金の使い方などは美行の師である海野清の影響も見てとれます。

しかし、何と言っても一番の魅力は帖佐美行の内からにじみでてくる様な独自の意匠です。

この時期の作品は特に面白い作品が多く、これまでの工芸界のもつ世界感を打ち破ろうとする迫力を感じます。

この作品は綺麗さと重厚さがあり、一種のロマンの趣に溢れるものがあります。

本作品は「第9回世田谷美術展」、「帖佐美行展(平成2年)」出品作品でございます。

size 23-19.5-32(h)cm 二重箱

main.jpg
sub1.jpg sub2.jpg sub3.jpg sub4.jpg